様々な点に注意して任意売却をしよう!競売とは違います

福岡でも人気の任意売却!注目すべきその特徴とは

任意売却を行う場合の注意点

住宅ローンなどの借入金の返済手段として行う行為の一つに、任意売却があります。周囲の人に知られることなく売却ができますが、連帯保証人の同意が必須かつ、短期間で売却を行うことが必要となります。

任意売却と競売の特徴を比較

不動産取引に近い任意売却

不動産取引と同様の売却方法で、市場相場に近い価格を手にすることができます。専門的な知識が必要となるものの、不動産の売却を自分自身の意思で行うことが最大の利点です。

確実に売り手がつく競売

裁判所が様々なメディアに物件情報を提示して、市場価格の7割程度で売り出します。短時間で売却の手続きを済ませるため、確実にお金が手に入る利点があります。

様々な点に注意して任意売却をしよう!競売とは違います

ウーマン

福岡で任意売却を行う際の申し込み方法

福岡県内の不動産会社は、市内の繁華街や郊外など広範囲に及ぶ多数の物件を所有しています。一般売却の他、任意売却や競売など複数の手段での売却にも精通しているため、購入時と同じ会社に依頼することが確実です。電話やメールで不動産の売却といった形で相談受付を行い、所有者の資産や収入、支払い能力を検討した上で、任意売却に同意する必要があります。

売却までの流れ

最初に金融機関等の差し押さえが入っていないかを確認、競売の取り下げ代行を行います。続いて不動産の価格査定と官公庁などによる調査を行い、金融機関に売出価格の同意をもらいます。同意が得られた後、専任媒介契約を結び、迅速に売却手続きを行います。売却が成立した後は、仲介手数料や専門家への報酬などの経費を差し引いた金額が、売り手に渡ります。

任意売却で精神的負担を減らせる

任意売却で得たお金のうち、金融機関などとの交渉時に、引越しにかかる費用を捻出できます。生活状況と関連して、残りの債務を分割で返済可能となるなど、精神的な負担も減らせる利点があります。

広告募集中